交差点を渡りきったところで、突然ホームレスに抱きしめられました。

唐突だのに、なぜか懐かしい気持ちになってされるがままに抱きすくめられていると
不意に、なみだ出てきました。


ホームレスも、ないてたのです。


道ばたで繰り広げられた、突然で意味不明きわまったドラマチックな展開に
通行人は俄然いぶかしげな視線を送ります。

いかんせん、ホームレスと日本人でした。

あからさまに関係性がいかがわしいうえ、
両者とも人目もはばからず、白昼、人の群れの中
おいおい泣いてたのです。



遠くの空の下で起こった悲劇は、
皮肉に日々の凡庸さを強調します。


世界は、絶望的に普通です。


いつものように、ゆっくりと、大きく
なにかが少しずつ変わっているのかもしれないけれど、
僕たちはだいたいいつものように、泣いたり笑ったりしています。


人間は、それでも
あらぬかぎり、想像を続けて。


毎日のようにかかってくるドイツ人からの電話、
そして食うもの食わずで、そこにいた日本人を抱きしめ、泣いたむきだしの心。


僕らはここベルリンにいます。
そして、日本のことを愛し、思っています。


このたびの震災で被害にあわれた全ての方々、愛するものを失ってしまった全ての方々に
心から哀悼の意を表します。


日本の復興を心から願い、
そしてまたしたたかで、あいまいなのに愛おしい
その狂った魅力と誠実さ、頑丈さと強さで
再び世界を驚かせるその日まで、
ずっと祈り続けます。



オカモト サトシ



after the crossing intersection, a homeless guy hugs me.
it has occurred abruptly, but i don't know why, came up the feeling like home with tender nostalgia, i couldn't do anything, leave everything as it was.
tears sprang to my eyes, without being aware of it.

homeless was crying also.

it seems like strange accident which appeared suddenly on the street,
passers gaze them quizzically.

ok, i know, they are homeless and japanese.
very questionable relationship obviously, and moreover,
they both are crying, on the street, in the daytime.

'the tragedy which happens under another sky'
always emphasize the mediocrity of the days.

the world is super normal like tender despair.
even as usual, it will be changed slowly and carefully in big terms of the history,
but still people are crying and laughing like everyday.

even so, human beings are still try to imagine, as much as they can.
german and european friends call me everyday,
and the guy who just spent the hard time without food,
hugs and cried for japanese with naked heart.

we are here in berlin.

we are thinking, thinking about you.


i express my deepest condolences from my heart to all the people who has lost the one which loved in this disaster.


i pray for japan, with love, respect and believe,
until the day when japan will surprise all over the world again,
with his, with her craziness, courage, sincerity and strength.



satoshi okamoto