////////// press
article + interview etc.





cookiescene_vol59a cookiescene_vol59

はっとするほど新鮮だが、極めてナチュラル。これは、いい。-『COOKIE SCENE』誌


ドイツ語は、英語に比べれば、日本人にも発音しやすい。社会が堅苦しい感じとか、ドイツと日本は微妙に似てる部分も多い。ノイやカンなどのいわゆるジャーマン・ロックが日本人である自分にここまでフィットするのも、そのせいか?昔クラウトロックの本を著していたジュリアン・コープが最近ジャップロックの本を出したり・・・。というわけで、元ノイ、ラ・デュッセルドルフのクラウス・ディンガーの片腕として日本人ふたりが活躍中というのも妙に納得。そんなオカモト&オノウチによるデュオ、sub-tle.のデビュー・アルバム。エレクトロニックとアコースティックの狭間にあるサウンドは、ダイナミックにして静謐。とてもエモーショナルなのだが、「14.5」「16」といった記号的曲名が、妙な叙情(日本のいやな部分)に流れることをとどめている。はっとするほど新鮮だが、極めてナチュラル。これは、いい。(伊藤英嗣)




fader_09

デュッセルドルフに咲く実験音響の華-『FADER JAPAN』誌


サヴトレ(sub-tle.)という、日本人デュオ・ユニットが密かに注目を集めている。オカモトサトシとオノウチカズユキのふたりは、ドイツのデュッセルドルフにて、70年代に暗躍したあのノイ(NEU!)で知られるクラウス・ディンガーの元で出会い、彼のラ・デュッセルドルフ・プロジェクトに参加しつつ、このニュー・ユニットを結成したという、まさに異色のコンビだ。サヴトレ名義では初のリリースとなるアルバム『pre_mary』は、エクスペリメンタルなアンビエント・チューンからサイケなポップ、そして静謐さを失わないエレクトロ・ロックなど、"電子アコースティック"な肌触りをもつ音響に満ちた快作だ。そんな彼らが、5月には来日してライヴも行うというから、これはぜひとも体感してみたい。(長宮成治)




soen_05_2008

エレクトロミュージックの最高峰-『装苑』誌


クラフトワークやNEU!などにも携わるオカモトサトシとオノウチカズユキの2名によるプロジェクト。映像が浮かぶ音楽世界で、儚さとか自然の大きさとか、日々感じるのに誰も見たことのないものを、音でコラージュしたかのような作品。エレクトロミュージックの最高峰。




fudge_04_2008.jpg

クラウト・ロックの遺伝子を受け継ぐ良質なアンビエント・ミュージック-『FUDGE』誌


ドイツ発のクラウト・ロックの代名詞的存在でもあるクラフトワーク、NEU!のメンバーでもあるクラウスディンガー率いるla! Dusseldorf/japandorfプロジェクトに参加する、オカモトサトシとオノウチカズユキの日本人2人からなるプロジェクト"サヴトレ"の初リリース。技術やキャリアも十分な彼らが奏でる雄弁な電子音、音の波が目の前を通り過ぎるかのような情景が浮かぶ極上のアンビエント・ミュージック。構成の緻密さとノスタルジックな響きを持ったメロディのタペストリーが見事。




barfout

08年に生まれた未来への記録。-『BARFOUT! (バァフアウト)』誌


NEU! のクラウス・ディンガーと共に活動している、デュッセルドルフ在住の日本人、オカモトサトシとオノウチカズユキによるユニット、サヴトレ。オリジナルであろうとする、ナイーブでいて力強い表現。系統づけられることを拒絶したオルタナティヴ・ポップ。08年に生まれた未来への記録。




intoxicate_vol72

「エレクトロニカ」に留まらない期待の"ポップ・ミュージック"-『intoxicate (イントキシケイト)』誌


日本人アーティストをリリースするベルリンの優良エレクトロニカ・レーベル【onpa】。NEU! のクラウス・ディンガーのプロジェクトで出会い結成に至ったオカモトサトシとオノウチカズユキによる "sub-tle." のファースト・アルバム。たくさんの音素材と神聖な響きを湛えるギター、ピアノ、弦楽器。電子音も声も別け隔てなく構成の一つとしてそれぞれの役割を担う。多種の分野でヨーロッパを中心に評価を得ているという、ドイツからの逆輸入の伏兵。「エレクトロニカ」に留まらない期待の"ポップ・ミュージック" 渋谷店 鈴木大介




BRUTUS_2008_04_15_No.638.jpg

この気持ちいい楽曲は電子音と生演奏、一体どっちでしょう。-『BRUTUS』誌


元NEU!のクラウス・ディンガーのもとで結成されたsub-tle.(サヴトレ)がアルバムをリリース。この気持ちのいい楽曲は電子音と生演奏、一体どっちでしょう?実際に聴いて体験してほしい注目盤。




cookiescene_vol60a.jpg cookiescene_vol60aa.jpg

『COOKIE SCENE』60号


"Next Generation '08 No Age/New Age" 特集にて、カラー4Pのインタビュー掲載。
付録CD "radio cookie scene" には、アルバムから"14.5"が収録されています。



[ インタビュー記事のダウンロード | dowmload interview / PDF _ 1.5MB ]

cookiescene_vol60_p40-41.jpgcookiescene_vol60_p42-43.jpg




////////// press
article + interview etc.







Rheinische Post [ Zeitungen / NRW, Deutschland ] _ 11. Juli. 2008 Artikel


[ herunterladen | dowmload artikel / 1.0 mb ]




Rheinische Post [ Zeitungen / NRW, Deutschland ] _ 25. September. 2008 Artikel


[ herunterladen | dowmload artikel / 1.0 mb ]








////////// press
article + interview etc.





Rheinische Post [ Newspaper in Germany ] _ 11. July. 2008 Article


[ herunterladen | dowmload artikel / 1.0 mb ]



Sub-tle. - Soundart from Japan

by Michael Wenzel (org. in german. Translated by Shintaro Miyazaki)

Sophisticated and delicate are synonyms of the word "subtle". A more precise term for the collaboration project of the japanese musicians Satoshi Okamoto and Kazuyuki Onouchi is very difficult to find. Today Subtle have a guestshow at "Salon des Amateur".

Today live at "Salon des Amateur"

Kazuyuki Onouchi, who once studied traditional japanese painting, lives since 1999 in Düsseldorf, where he had serveral projects with the recently passed away former Kraftwerk drummer, Neu!- and La Düsseldorf-Leader Klaus Dinger. As Klaus Dinger wanted to re-record the whole works of La Düsseldorf,
Satoshi Okamoto, who gained special experience in Japan in different genres from electronic music to guitar pop, played also a important part in the new productions.

Since 2003 Onouchi plays as the first half of subtle guitar, while Okamoto is doing computersounds and plays the keyboards. On the lately released debut album "pre_mary" instrumental, electronic and noisy sounds are melted together to a work of soundart (Klangkunstwerk) of fragile beauty, whose spectrum reaches from dreamlike experiments ("pre_mary") to cheery-exotic piano-pop ("Flat Sun").

When playing live, improvisation is dominant by which Sublte keeps to be uncalculable and forms the perfect soundtrack for installations, film- and performance projects of their artist friends, who brought the duo all across europe. Before the two japanese sound magicians bewitch the "Open Source Festival" in Lörick, they bring their laboratory today to "Salon des Amateur". A must for all, who are open minded and ready for a glimpse beyond the the edge of the western popculture, where musical delicacies are waiting for open auditory canals.

----
Info, Sub-tle. plays today from 11 p.m at
"Salon des Amateur", Grabbeplatz 4.
www.sub-tle.com












////////// press - kit
materials for press

EN
Regarding the matter of articles, interviews for 'sub-tle.', please contact >> here.
Also you might use the press materials [ profile + press pics ] below.
For using the press pics, please be sure to attach the credit like " photo by --- ".
Thank you for all your kind cooperation.


DE :
Für Presseartikel und Interviews mit sub-tle. kontaktieren Sie uns bitte unter >> hier.
Sie können auch die genannten Pressematerialien [Biographie + Presse Bilder] verwenden.
Bitte geben Sie dabei Credit wie " Foto von --- " an.
Vielen Dank, für Ihre Zusammenarbeit.


JP :
インタビューや、記事掲載については こちら までお問い合わせください。
また下記より、プレス・マテリアルがダウンロード可能です。
プレス写真を使用される際は、表示されているクレジットを表記してください。


press pics :

press06_sub-tle_bnd
sub-tle. _bnd / press photo
[ download _ 23.9 mb ]






press pics (archive):

press01_sub-tle.
photo by
Hendrik Reichel
[ download _ 9.7mb ]
press03_sub-tle.
photo by
Kiyasu (TechnikLAB*)
[ download _ 1.1 mb ]













////////// booking
information + materials for booking

EN :
Regarding the booking for 'sub-tle.', please contact to >> hier.


DE :
Für Booking von sub-tle. kontaktieren Sie uns bitte unter >> hier.


JP :
ブッキングのお問い合わせについては、 こちら までご連絡ください。

























////////// sub-tle. contact

info (at) sub-tle.com


////////// label contact

Onpa
c/o Mitte Musique Entertainment & Publishing GmbH
Wittenbergplatz 5-6
10789 Berlin
Germany
www.onpa.de
info (at) onpa.de


////////// web-site

Satoshi Okamoto [sub-le.]
info (at) sub-tle.com


////////// photos

press pics 01, 02 + sub-tle.com _ top image : Hendrik Reichel
press pics 03 : Kiyasu (TechnikLAB*)
sub-tle.com site pics : Satoshi Okamoto [sub-le.]