discography :::

albums

leam / 2013
   
       
pre_mary 01. æ 03:02
02. ram of lv 06:02
03. balfour 03:40
04. ten things i would like to be 05:06
05. one of 106 04:07
06. realease 06:15
07. mind state of 04:39
08. loutoy 04:01
09. part two 04:27
10. in her side 04:38
11. pale rider jumps whiter 04:05
12. leam 07:14
     
   
 

【日本語テキストは英語テキストの後にあります】


/// EN ///

sub-tle. new album “leam” will be released on 11.09.2013 from onpa))))) ® .


composed + performed by satoshi okamoto
produced by andi toma (mouse on mars)
mastered by tony cousins (david sylvian, massive attack, peter gabriel etc.)

guest vocal by kazumi nikaido and kyoka
andré de ridder and solistenensemble kaleidoskop played strings,
and drums on one track by utku tavil.


///

we had such a great time in the studio mixing and adding instruments
to satoshi's world of sounds,
i recommend to listen with headphones or at least with good speakers
for this album.


Andi Toma / Producer (Mouse on Mars)


///

a beautiful journey through landscapes both abstract and musical.
you can find references to american minimalism,
epic song mutations like van dykes parks,
ghibli soundtracks, free folk, experimental electronica and yea, pop music.

an outstanding masterpiece of contemporary music production
without being pretentious or ambitious,
skillfully arranged and produced with subtlety.

it's actually just: great.


Jan Werner (Mouse on Mars)


///

The second full-length album entitled ‘leam’ by sub-tle. out on 11.09.2013.

Satoshi Okamoto a.k.a sub-tle., the Berlin sound artist, right hand man of the late Klaus Dinger, is to release his second album entitled leam – his first for five years.

sub-tle. participated on Klaus’ posthumous work japandorf released April 2013, and in some ways this album continues and further explores themes developed in that process, culminating in an album which displays the depth of Satoshi’s talent and showcasing the skills of the wonderful range of his collaborators.
All tracks were produced by Andi Toma (Mouse on Mars) with guest vocals by Kazumi Nikaido (P-Vine) and Kyoka (onpa/Raster Noton).
Acoustic and organic, live and electronic sound take us into a world of subtle, delicate and beautiful melody bringing a desolate feeling that lingers…

The opening track of the album: æ features Kyoka’s innocently floating voice. Kazumi’s vocals appears on track 6 realease and track 9 part two – which sounds like a gentle breeze with a phantasmagoric tone. Track 7: mind state of is reminiscent of Conny Plank’s Neue Deutsche Welle works, a feel that extends across 12 tracks on the album.

Andi’s production shows how he has sublimated his life long avant-garde style into the work – which could be seen as masterpiece to stand alongside Elpmas, his work with Moondog.
Also appearing alongside Satoshi Okamoto is contemporary classical music ensemble, Solistenensemble Kaleidoskop from Berlin, renowned conductor André de Ridder on violin, and Tony Cousins, mastering engineer for David Sylvian, Massive Attack, Peter Gabriel, Adele etc.

The second album entitled leam is released by the sound&media art curators team onpa. The first album reached No.1 on the ZIP-FM (Nagoya/Japan), FM NORTHWAVE (Sapporo/Japan) and SHIBUYA FM (Tokyo/Japan) charts.


/// JP ///


サヴトレ ニューアルバム『leam』が、2013年9月11日 onpa))))) ® より世界リリースされます。

プロデュースにマウスオンマーズ のアンディ・トマ を迎え、ゲストヴォーカルに二階堂和美、kyoka、弦楽に André de Ridder、kaleidoscope emsemble、ドラムに Uktu Travilが参加。

David Sylvian, Massive Attack, Peter Gabrielらを手がける
ロンドン・メトロポリスのTony Cousinsがマスタリングを担当。


///

『サトシの音世界に楽器を重ねたりミックスしたり、、
僕らスタジオで、それは素晴らしい時間を過ごしたんだよ!
この作品は、ヘッドフォンや良質なスピーカーで聴くことをお勧めするね。』

Andi Toma / Producer (Mouse on Mars)


///

『アブストラクト且つ音楽的な風景につつまれてゆく、美しい旅。

君はここに、アメリカン・ミニマリズムやvan dyke parksの如く壮大で叙事詩的な楽曲の突然変異、ジブリのサウンドトラックやフリーフォーク、実験的なエレクトロニカや、、、
そう、『ポップミュージック』を耳にすることになる。

現在の現代音楽プロダクションにおいて突出したこの傑作は、自惚れた尊大さや野心におぼれることなく技術や経験に裏付けられたアレンジがなされ、繊細且つ緻密 、”subtlety” に制作されている。

そう、それはもうただ、、great だよ。』

Jan Werner (Mouse on Mars)


///

『leam』by サヴトレ(sub-tle.)
2013年9月11日世界リリース。2013年9月4日日本先行発売。

故クラウス・ディンガー(ex. クラフトワーク/ラ・デュッセルドルフ)の右腕の一人だったベルリン在住のサウンドアーティスト、オカモトサトシのソロプロジェクト、サヴトレ(sub- tle.)が、なんと5年ぶりにセカンドアルバムをリリース。

今年4月にリリースされたクラウス・ディンガーの遺作プロジェクト『japandorf』にも参加したサヴトレ。話題の絶えない中、今回のアルバムはそのとどめを刺す布陣で製作された。
プロデュースにマウス・オン・マーズのアンディ・トーマ。ゲストボイスとして、二階堂和美、そしてkyokaも参加。アコースティックな生音と電子音が、幽玄で美麗な旋律を生み出し、底の見えぬ寂寥を覚える楽曲群。
kyokaの無邪気に浮遊する声を活かしたオープニング曲『æ』。二階堂和美の風のような優しくも変幻自在なボイスが特徴の6曲目『realease』や9曲目『part two』。
ヨーロッパのニュー・ウェイヴの祖、コニー・プランクによるノイエ・ドイチェ・ヴェレのムーブメントを彷彿とさせる7曲目『mind state of』など収録の全12曲。

アンディ・トーマのプロデュースワークは、長年のアヴァンギャルド性を昇華し、ついでにムーンドッグとの共作『Elpmas』 とも肩を並べる大傑作だと形容すると罰が当たるだろうか。また、ベルリン発で世界を股にかける現代音楽アンサンブル 「Solistenensemble Kaleidoskop」や、現代音楽で人気の指揮者André de Ridderのヴァイオリン演奏、そしてデヴィッド・シルビアンの最新作や、マッシヴ・アタックの名作、ピーターガブリエルやAdeleなどを手がけたマ スタリングのTony Cousinsもオカモトサトシをサポート。

日本ではZIP-FM, FM NORTH WAVE, SHIBUYA FMで軒並みカレッジチャートの1位を獲得したファースト『pre_mary』と同様、このセカンドアルバム『leam』は、ベルリン美術界で活躍する アート・キュレイターズ・ビューロー、onpa)))))®からリリース。





> buy on amazon.co.jp

> buy on iTunes
discography :::

albums

Pre_mary / 2008
   
       
pre_mary 01. bochum 2 03:52
02. 14.5 04:16
03. 16 03:23
04. pre-mary 05:24
05. 36.1 04:02
06. 220805 (sal sad) 05:31
07. 7 02:42
08. hasselt 01:21
09. 31.1.5 04:01
10. recyclart 02:58
11. flat song 05:56
12. quitte 03:46
     
   
 

listen :::

> buy on amazon.co.jp

> buy on iTunes



i'm totally convinced of their huge potential + their unique capabilities + i very much appreciate our collaboration on the new la-dusseldorf.de production : japandorf.com, together with miki yui + masaki nakao, incl. live shows. also i strongly recommend them to my colleague michael rother for a possible new NEU! production.

Klaus Dinger, 21 Okt 2007
(Handwritten text from backside of sleeve.)

_ PLAYED on LUK PERCEVAL’S FILM “Duesseldorf - Mon Amour” on ZDF NOV.2008 - 2010 (Germany)
_ No.1 on ZIP-FM “CRJ-C CHART” on 15. MAY 2008 (Japan)
_ No.1 on SHIBUYA-FM “CRJ-TOKYO CHART” on 18. MAY 2008 (Japan)
_ No.1 on FM NORTHWAVE “CRJ-SAPPORO CHART” 08. MAY - 15. MAY 2008 (Japan)



サヴトレについて。
私は彼らの巨大な潜在的可能性とユニークな才能を非常に確信している。そして、ミキ・ユイ、マサキ・ナカオを伴ったライブショーを含む私たちのコラボレーション、新しいla-duesseldorf.deプロダクション:"japandorf.com"への協力には心から感謝している。相棒のミヒャエル・ローターよ、サヴトレが新しい「NEU!」プロダクションとなることだってあるんだと、強く推薦しておくよ。

2007年10月21日 クラウス・ディンガー
(アルバム裏面コメント) _ translated by ANCHOR.

_ ドイツ国営放送ZDF放映 - LUK PERCEVAL“Duesseldorf - Mon Amour”に、収録曲がサウンドトラックとして採用。
_ ZIP-FM カレッジチャート(CRJ-C)東京 - 週間チャート 1位(2008年5月15日付)
_ FM NORTHWAVE カレッジチャート(CRJ-SAPPORO)札幌 - 2週連続チャート 1位(2008年5月8-15日付)
_ SHIBUYA-FM カレッジチャート(CRJ-TOKYO)名古屋 - 週間チャート 1位(2008年5月18日付)



other works :::


"Japandorf" Klaus Dinger + Japandorf
   
       
spencer-spencer 01. Immermannstrasse
02. Doumo Arigatou
03. Sketch No. 1_b
04. Udon
05. Kittelbach Symphony
06. CHA CHA 2008
07. Ai
08. Sketch No.4
09. Spacemelo
10. Karnival
11. Osenbe
12. Andreaskirche
   
   
 






Klaus DInger + Japandorf "Japandorf"

2013.03.25 Release
B00B4SXAX6 / Grönland (rough trade) / CD

Das Album "Japandorf" ist die letzte Produktion des legendären Krautrock-Musikers Klaus Dinger (1946-2008), ex-Schlagzeuger von Kraftwerk und Mitglied von La Düsseldorf und NEU!
key : sub-tle. [satoshi okamoto]

> amazon.de

ノイ!のクラウス・ディンガーが核となって作られたバンド、クラウス・ディンガー + ヤパンドルフの未発表となっていた最後のアルバム。
鍵盤(ピアノ・オルガン・シンセ)を担当。

> amazon.co.jp





"悲しいときも嬉しいときも" 持田香織
   
       
spencer-spencer 01. めぐみ
02. 悲しいときも嬉しいときも
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 




持田香織 "めぐみ / 悲しいときも嬉しいときも"

2012.05.09 Release
AVCD-48429 / avex trax / CD

約2年ぶりとなるELTのヴォーカル持田香織のソロ作品を両A面として収録したMaxiシングル。
サッポロビール『サッポロ ドラフトワン』のCMソングとして起用されている「悲しいときも嬉しいときも」 (作詞:持田香織 / 作曲:宇崎竜童 / アレンジ:大谷友介)にて、ピアノとミックスを担当。

> amazon.co.jp





"muse" piana
   
       
piana 01. I Think...
02. Imaginary Window
03. In Silence
04. Nostalgia
05. Ruins
06. 7 years
07. Phosphorescence
08. Borderless
09. Tohanabi
   
   
   
   
   
 




piana "muse"

2012.05.09 Release
AVCD-48429 / avex trax / CD

前作『Eternal Castle』から約7年ぶりとなるpianaの4thアルバム、『muse』に M06. 7 yearsを提供。

> amazon.co.jp





"SPENCER" SPENCER
   
       
spencer-spencer 01. my piano and my wave
02. Rise
03. Fun Fun Fun
04. Take me to the light
05. Dark
06. Free Bird
07. Telegraph
08. in the 真空
09. 彗星
10. 構造と私
11. in the beginning
12. Night on the bridge
13. はじまりの音楽
   
 




SPENCER "SPENCER"


2011.06.08 Release
XQJX-1013 / Familysong | Polystar / CD

Polaris [ポラリス] 、ohanaの大谷友介によるソロプロジェクトSPENCER(スペンサァ)のファースト・フルアルバム。
M02 Rise, M03 Fun Fun Fun, M05 Dark, M07 Telegraph, M08 in the 真空でミックスを担当。

> amazon.co.jp





"sub-tle. piana remix" sub-tle. / piana
   
       
sub-tle. piana remix 01. piana norway sub-tle. remix
02. sub-tle. pre_mary piana remix
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 




sub-tle. / piana "sub-tle. piana remix"


2008.04.15 Release
onpa))))) , noble

sub-tle. japan tour / tokyo bassment bar -novelty.
artwork : jens buss - paristokyopemperfort™






"Mata Otoshimashitayo" Kazumi NIkaido
   
       
kazumi nikaido - mata otoshimashitayo 01. コーナーフラッグ
02. 脈拍
03. 時が流れても
04. 屋根の上のパスタ
05. あいがあふれる
06. デンハーグで
07. ボーリング・ブーム
08. テワワナゲシ
09. うちをでてすこし
10. 来週
11. カイユボット
12. オルガンソノタ
13. eeelさん また おとしましたよ
   
 




二階堂和美 "また おとしましたよ"


2003.04.02 Release
PPR-36CD / poet portraits / CD

二階堂和美3rd・初セルフプロデュース作品。
ピアノ+ノイズでオカモトサトシが参加。
CD-EXTRAで、アサダゲンさんによる「脈拍」「・・・な時」(本編未収録曲)のビデオクリップが入っています。

> amazon.co.jp