ブルオ

log [ コラム ] — s_o @ 02. 3月, 2004

ドイツの冬は
幾重にも折り重なった夜みたいに分厚い雲が空を覆っていて、
病む人々が多発する。

医者は日焼けサロンの処方箋を出す。

、、日サロでええんや。人間の体。

島尾敏雄いうところの「うそさむい」ではなくて、
ドイツのは、なんていうか。
「ほんとさむい」

脳みその裏側(眼球の奥あたり)にチっちゃいおっさんが住んでいて、

「さむい?さむい?」
とウカがい語りかけてくるのに、
「うん」「うんさむい」と
いちいち返事をしなきゃならない種類の寒さ。

ちっちゃいおっさんは、いっつも投げっぱなしで
こっちの答えなんか、とくに興味もないのだ。

街は今日もあたたかく肥えている。

こっちの答えなんか、とくに興味もない。

質問にも、あんまり意味はない。

« | »
(c) 2019 sub-tle.