ツバサ

log [ コラム ] — s_o @ 07. 3月, 2004

カヘでコーヒー飲んでると、
日本人の親子づれが入ってきた。

聞くでもなく会話がミミに入ってくる。
母国語って、やっぱはやい。
すぐにアタマで意味になる。

便利は便利だけど、まあまあ面倒くさい。

小学生くらいの娘が父親に熱弁をふるう。

『たっきーあんどつばさ』がいかに
私の心をとらえてはなさないか。

「きのうなんてさ、
アルバム聴いたら夜ねむれなくなったんだから。」

たっきーあんどつばさって、なんやろ思いながら、
ねむれなくなる音楽について考えた。

そんな暴力、いつかふるってみたい。

戦後生まれの自分も、その女の子もきっと、
ウゾウムゾウに抑圧された変な無暴力ワールドの中で
「痛いの、なんとなくきらい」な戦後モンスターだ。

うそをつかないって素晴らしいけど、
うそつくってまた素敵なことだ。

暴力もおなじ。

それはええけど、眠れなくなる音楽ってなんや。
たっきーあんどつばさ、おそるべし。

ハンス・ライヒェルとか、
ハリー・パーチみたいな感じ?

娘、おそるべし。

« | »
(c) 2019 sub-tle.