薄緑、羽根

log [ コラム ] — s_o @ 29. 4月, 2004

 
アトリエで終日作業。

ヘッドホンを外すと日付けが変わっていた。

空は一面曇っていて
雨は降らないのにずっと雷が轟いていた。

『頭を冷やせ』とよく人に言われる。
 
 
 
頭のおかしい人が、電車の中で大声で歌を謳っていた。

それは、取り返しのつかないくらい
兇悪で寒々しく 悲しい歌声だったので
身震いして電車から降りれなくなった。

歌いたい時に歌えない穏やかで平和な世界で、
その悲鳴とも嬌声ともつかぬ耳鳴りじみた声だけが、
唯一ヒトの姿をしている気がした。

世界を殺す為のただ一つの凶器は、
柄の部分が刃先よりもよく切れる。

しかも世界は、
例えばカミサマとか優しさだとか呼ばれる固くて獰猛な甲羅をつけてるので、
体重をかけないと、話にならない。

かけても、話にならない。

どうしょうもなくなって、
だらだらとありふれてきたので、
夜中に叫んでみる。

なんか泣きたくなるくらい情けない声だった。

隣に壁を蹴られる。

すこし、安心する。
 
 
世界が、自由なので、空を飛べそうな気がした。

« | »
(c) 2019 sub-tle.