ハル

log [ コラム ] — s_o @ 15. 5月, 2004

アトリエの時計が止まってて、
電話もまだ無いので、
そこはちょっと世界の穴みたいになっていた。

真夜中にビール飲みながらガンガンピアノたたく。

半分寝ながら、イルカの『なごり雪』熱唱。

田舎町の草臥れた酒場に置かれてたのを
無理矢理 引き取ったらしいその古いピアノは
チューニング、だだ狂い。

『掟は、わしじゃ』 と言わんばかりのその態度に、
ほんのり憧れる。

ずっと弾いてるので
だんだん音感が440kHzじゃなくなってきた。

脱力音感。

 春が来て きみ また そんな

« | »
(c) 2019 sub-tle.