アンディ

log [ コラム ] — s_o @ 31. 5月, 2004

早起きしたので、
朝っぱらから じいさんよろしく散歩。

地下に下る階段の手前で、うば車を持て余す母親に声をかけられる。

『ねぇ、ちょっと手を貸してくれない?』

地下鉄のホームまでベビーカーを担ぐ。

ありえへんくらい、重い。

運動不足がたたって、生来の もやしッコに磨きがかかったのか。

でも 意味不明に質量のある機材を普段持ち運んでて、
こと「重いもの運ぶ」に関しては、ちょっとは明るいはずだった。

それにしても、重い。

なんだこれは。

おどり場で、赤ん坊ごとベビーカー放り投げたろかと
理性の扉を開放しかけた時、ベビーカーについたカゴから、「ゴトッ」て音がした。

「ゴトッ」、、、。

クマのアップリケのついたそのベビーカーには、おおよそ似つかわしくない無愛想なトーン。

おばちゃん、、、かごん中、、、、。

満身創痍で地階のホームに辿り着くと、
おばちゃんは、さも興味なさげに「ダンケ」と言って、
とっとと行ってしまった。

よう見たら、自分の8倍くらいはパンチ力ありそうな立派なガタイをしていた。

これは新しい世界の新しい罰ゲームだ、と
偽善心が もたらす程よい恍惚を打ち砕かれたホウケづらの自我に、言い聞かす。

むやみやたらと、早起きなんてするもんじゃない。
 
 
 
天気がイイので、そのままアンディウォ−ホールの後期の展覧会に行く。

「30 のおもちゃ」という作品の前に座って ぼんやり眺めてると、
中年の闊達とした女の人が、幼な児を連れて展示ブースにやってきた。

『ほぅら、かわぃぃわね! ごらん!!』

おばちゃんは、満を持して同作品を見せたかったらしく、
うわずる声は 的を外したキューピッドの悲鳴みたくテンション高かった。

その子はずっと、こっちを見ていた。

『そのヒトじゃないわよ』 おばちゃん、困ったように微笑む。
「えへへ」 しまりのないテレ笑いしてると、
子供は、さも珍しい発見をしたように手を叩いて笑った。

子供の首をムリヤリ絵に向けようとしても、起き上がりこぼしのように
こちらを向くその子に、おばちゃんは苦笑って肩を竦めた。

「そっちがいいのね、、。この子、人間好きなの」

早起きしたかいあって、アンディから白星奪取。

勝因は、ゾンザイな朝仕度に因をなす剃り残しか?
 
 
 
一周まわった出口ちかくで、アンディウォ−ホールフィルムを上映していて
ちょうど、ずっと観たかった “HEAT” だったので、寝っころがって眺めていると、
最後のグダグダなオチに、おもわずやられてしまう。

絶妙な「金かえせ」感。 沈黙の「なんじゃそりゃ」がブース内を駆け巡る。

最高。

さきほどの白星、あっというまに零れオチル。

これだから、早起きなんてするもんじゃ、、(以下繰りかえし)

« | »
(c) 2019 sub-tle.