キリンヅカ

log [ コラム ] — s_o @ 02. 8月, 2004

キリンをいれとく小屋がなくなったので、
向こうのボーリング場がよく見えた。

メリーゴーラウンドだけが何故か撤去されず残されていて、
でも馬んとこだけなかった。

だらけたやり場のない安心だけが、
カラフルなビニールシートの水たまりの中に溜まってた。

もう300年くらい前から
ここでなんべんも同じあやまちを繰り返している気になった。

そう思うとものすごく気持ちが楽になって、
でも楽になる事を知っててわざとそういう事を考えてる気がして
胸が重たくなる。

『傷つかない人生なんて死んだほうがましよ』

大好きなヒトがそう言ってたので、
すこしメリーゴーラウンドの馬のことを考えた。

とっちらかったまろやかな問題。

悩み、ない。

解決、というオトシドコロに核心がないように。
あるのは問題だけやった。

横で寝ている犬が、尻をこちらに向けて屁をこいた。

ぷぴぃ ゆうような音がした。

犬の とがった耳をつまみ上げると、ため息みたいなのをついた。

夜中なのに鳥が鳴いていて、
犬は半目を開いたまま、夢をみているように見えた。

もう とうに終わっとんのに、
だだこねすぎて変な顔の銅像がたちそうだ。

date_unidentified. 2004
takarazuka , japan

« | »
(c) 2019 sub-tle.