ベる ii

log [ コラム ] — s_o @ 11. 9月, 2004

オーガナイズがウダウダだったライブの穴埋めをする為に、
主催者まわりが急遽ダブルブッキングを決めてくる。

インプロでライブを一日二回やると大概こけるから断ったが、
あれよあれよと話が進み、oplでのライブが終わると
機材がスタッフの手によってズンズン運ばれていった。

移動のときに、鍵盤のアダプタ-とミキサーが別のとこに行ったらしく、
予想通り、ライブはマッタリした。

直前にライブだったセドリックに借りたミキサーでルーティングに手間取り、
あやまって出力されたハウリングに観客がワーってなったので
もういいや思ってそのままフィードバック音でライブをする。

終わったあと、フランス人に『耳いたいわ』と文句を言われた。

なにはともあれ、ひどい出来。

一回目のライブは、とてもよい出来だったので
思い出に浸る。

酔っぱらったDJが、

『おい!おれの前で煙草を巻くな!おれのをやる!おれのんを吸ってくらさい!』

とマルボロをくれる。ビールをダばダばこぼしながら。

とてもシヤワセに寂しそうだった。

もうフィルターの手前まできてるマルボロを、
渡されるがままにくわえながら思った。

この世でもっとも他人にシヤワセを与えられるのは布団職人だ。

そういえばいろんなことがくやしくて、
だんだんまわりにある色がわからなくなっていった。

全てがとりあえずといった体(てい)で、黄色やグレイだった。

搬出で外に出ると、北ヨーロッパの朝はもう冬だった。

ひんやり我にかえって、見上げると青かった。

/ brussels , belgium

« | »
(c) 2019 sub-tle.