サモトア

log [ コラム ] — s_o @ 30. 12月, 2004

ジャイアント馬場くらいあるモミの樹が捨ててあった。

横倒しになってることと路地の脇であること、
中途半端に巻かれた見窄らしいビニールがなければ
それが捨ててあるんやとは知覚できんかった。

しかも、横に家なしのおっさんが寝てた。

息はもはや、白くなるゆうか氷粒になるこの寒空の下。

ナイスガッツ。

モミの樹とおっさんのあいだで
セルフタイマー撮って年賀状にしよか思ったけど
年始から景気良くテンションさがりそうなので、よした。

夜が明け、おっさんはいなかった。

かわりに、雪だるまが置いてあった。

雪の玉、3段。
昆虫?

雪だるまは
2004年もっかい始めからやりなおしたくなるくらい情けない顔をしていた。

今くるよ が突っこまれた時の顔にそっくりやった。

制作者らしき ちっこい彫刻家は
プラスチックな黄色いシャベルの柄部分のグリップ具合が
気になって仕方ないらしく、それどこやなかった。

ちょ、、せめて眉尻もうちょい上げてくれへんかな、、。

顔につられて果てしなく下がったモチベーションに
鼻も凍る師走の曇り空が共鳴。

スタジオで轟音ミックス中、ウトウトすると夢を見た。

雪だるまの頭が、微妙にずれる夢だった。

はっと目覚めると、やな汗べったりかいていた。

どこに緊張したんや。

晩、家に戻るとおっさんはおらんかったけど
モミの樹はまだあった。

もしかしておっさんはモミの樹の精だったのか。

8回殴られたロバートワイアットみたいな顔しとったけど。
ビールの空き瓶 もっそ置いてあったけど。

ワがを言いくるめて明日は大晦日。
 
 
ハッピーエンドフォーハッピー。

« | »
(c) 2019 sub-tle.