som R fail

log [ コラム ] — s_o @ 27. 3月, 2005

050327_2.jpg

またやられた。

何回やられたら気ぃすむ。

目を覚ますと、身につけているもの全てが既に”一時間前”だった。

夏時間(+1)。

気がつくともう街中の時計は何くわぬ顔をして、
新しい年月の定義を世界に示唆している。めっさ無言。
置いてけぼりにされた昨日までの”今”はまるでなかったことに。

腕時計を一時間カチっとすすめる時、それと気づかぬふりをして
世界の一番触れてはならない部分にアクセスしてしまったような居心地の悪さ。

たぶんどっかのおっさんが何の謂れもなしに空を飛んでも、

「ああ、そういえばそういうことなんだよな」

とかなんか納得してしまいそうで怖い。

当たり前って、原体験を含むとんでもなく軽薄な理解を礎にしてて、
あるべき名前もあったべき姿もあったもんじゃない。

もしかしたら明日には空を飛べるのかも知れない。

世界の上っ面をはねて、
今日も見ず知らずの小さいおっさんが世界を紡ぐ。

« | »
(c) 2019 sub-tle.