レ・クリエ意図

log [ コラム ] — s_o @ 23. 5月, 2005

050524.jpg

レクリエーション、という言葉の意味を知りませんでした。

小学校のとき。
N君というあんまり目立たないけど別にいじめられてもいないモノ静かな子がいて、
クラスのお楽しみ会で、彼は一人その『レクリエーション』の受け持ちになりました。

学級委員長がワラ半紙から黒板にうつしとった文字のなかで
その字面だけが唯一、アカ抜けた感じがしたのですが
意味分からないって言うのが恥ずかしいので、誰も触らなかったのです。

王様が裸だって言ったのはコドモらしいですが、そんなのウソです。
コドモは知ってます。
まちがっても、ねらって社会をくだき、真実をかたって
嘘つきに負けに行くほど、愚かではありません。

社会性の欠如を咎められるくせに、イノセンスを崇められる
そんな不条理への報復の仕方くらい本能的に心得ています。

くだらないオチにつかわれるのは、大人より腕力が弱いからです。

僕は、今も昔も日和見星人なので、クラスの人気者やマドンナのいる『劇』に参入して、
出番が3秒くらいしかない『校長先生』という意味不明な役をやりました。

台詞は『やめなさいよ君たち。』でした。

3回も練習したのに、かみました。

さてN君の『レクリエーション』の時間がやってきたのです。
クラスの皆が体育座りで円になるなか、
細長くて真っ赤なラジカセを持ったN君が教室にはいってきました。

N君は、前フリも愛想もなく、ラジカセのテープを再生します。

そこから流れてきたのは、どこで入手したか昭和初期のラジオ番組。
当時流行したシャンソンを紹介する古びたプログラムだったのです。
MCがやけにじっとりした声のおじさんのボソボソと喋る声が、
テンション低くて圧倒的に不気味でした。

N君は、聴こえにくいのにボリュームをあげず、
ソコに猫のようにうずくまって
耳をぴったりラジカセのスピーカーにあてました。

しばらく皆は不安と、えも言われぬ いたたまれない感情を持て余しながら
固唾を飲んでその様子を見守っていました。

かすかに聴こえる、古い歌声とN君の息づかい。

そのとき、N君は言ったのです。

『、、、これこれ。このおばさん、声たかいんや。』

皆の緊張はほぐれるどころか
予防接種を受けにいったら、唐突に余命宣告をされたような
明日の見えない状態になりました。

隣に座っていた初恋の女子、Kちゃんにいたっては先生に

『先生、ねえこれが、れくりえいしょん? れくりえいしょんってこういうの?』

と不安そうに聞いていました。

先生はものすごく曖昧な返答をしていました。

N君は、そんなクラスの皆の
静かなどよめきと冷や汗と苦笑い、居直りや居眠りをものともせず
5分ごとくらいにぽつり、ぽつりと独り言のような突っ込みをラジオに入れて
30分の持ち時間を完璧に全うしました。

一瞬にして『お楽しみ会』の言葉の意味さえ見失ってしまったその教室で、
N君はニコリともせずに一礼して、ラジカセを持って退場しました。

気まずいから、できればもう帰ってこないでほしい

担任の先生ですら、そんな風に考えてるような気がしてなりませんでした。
あんなに感情のこもっていない投げやりな拍手は、あれから一度だって耳にしていません。

僕は、今でもレクリエイションの意味がよくわかりません。
わかりたくない気持ちが、少なからず成長や『”本当”を知ること』を邪魔してるかもしれません。
N君の陰気くさいレクリエーションが どこかへ追いやられてしまうことに
感傷的な気持ちになってるだけなのかもしれません。

僕は正直、N君のことが好きでも嫌いでもありませんでした。
ただ、時々突然振り切ったようにテンション上がって、
どこぞのエロ親父みたいな下品な笑い方をするN君は、大好きだった。

記憶というのは自分が自分である事の証明にもならないどころか、
それが本当に必要か必要でないかさえ、自分以外によって決められています。

けっして忘れたくない思い出なんて、
ホントはけっこう一瞬で忘れてるのかもしれません。

『忘れられない』気になってるのは、
『忘れたくない気持ち』がなし得る、孤独で切実な “ふり” なのかもしれないです。

drumming_sum

log [ コラム ] — s_o @ 14. 5月, 2005

050514
クラシックのパーカッショニスト、ドイツ人2人から音楽の依頼。
とりあえず制作期間が短すぎるし、アルバム制作がたてこんでるので
今月末、状況みて再度打ち合わすことに。
もらったCD。
『おれらでも一回聴いたらもう聴かない。てか半分くらいでいい。』と自称するだけあって
その圧倒的なストイックさに口が開く。
フェイバリットパーカッションとかある?て尋ねると
2人ともちょっと考えてから、”シンバル”(2つ持ってバシャーン!てやるあれ)て言った。
ストレス?なに?
デシベル(音の大きさ)でいうと、飛行機の離陸時の轟音と同じくらい(!)だという。
絶対前で演奏したくない。
荒井注のオチかよ。
たとえば曲中一回しか叩かないゴング、
一回しか叩かないゴングの為に彼らは鬼のように練習する。
そこには、『素晴らしいタイミング』とか『目をむくような激しさ』ゆうのが存在する。
そもそも音自体に、感情なんてない。
感情を込めて演奏することはできるけれど、
音そのものが感情を持っているわけじゃない。
悲しい音・楽しい音なんじゃない。
そう感じるとしたらそれは、
今それを聴いてる人間が耳から入った音波をオノレの脳みそで再構築した新しい物語だ。
演奏者のヨダレでそうな恍惚とした表情を黒い布で覆えば、
残酷で圧倒的な振動だけが残る。
ただそこには鼓膜と、記憶と、感じる心がある。
アナライザーはその緑のラインを鼓動のように震わせるけど
それはけっして生命ではなく、ホモサピエンスよりずっと前からそこにあって、
ニンゲンは左右の耳からはいってくるそれに永遠の?マークをかざしながら
地上からいなくなるまでワタワタしたりニヤニヤしたりする。
ヒトリズモウチック。
ちっ。

美しー人に、無響室での喘ぎ声に色気があるか尋ねられる。
無響室でセックスしたことないのでわからないけど
ただでさえこの世で最も孤独なコミュニケーションたるセックス
『空気が勝手にうたうウソ』さえない世界でやってしまったら
死にたくなるんじゃなかろうか、思った。
絶対したくない。無響室でセックス。
するなら、トンネルとかがいい。
現場のおっさんプチぎれ。

誰もいなくなった星のうえで風が大地を舐める音。
それは ビュぅー でも ゴゥォー でも、ないのだと思う。
そこにはもう耳がない。
感じる個も、”真実”にあらがう嘘もない。

ワタワタ継続。

horn

log [ コラム ] — s_o @ 05. 5月, 2005

hornisse

『あ まずい 終わる』

日本のトモダチと話をしているとき
北朝鮮がミサイルを撃った。
そのときトモダチは 感情も感慨もなく、そう呟いた。

忘れながら生きる。

すべての可能性と事象に背を向けて、ヒトは呼気と吸気を揃える。

スイッチを押せるニンゲンに生かされている。

考え事をする前に、「感じた個」とかでなく「知らん人のテンション」でやっとここにいられる。

空は高すぎて、上空に飛び交うものも、さらにその上にあるものも見えないし
かといって床でおこぼれを待つ犬が見ているものが本当に自分が持つこのパンなのかどうかもわからない。

日が当たらない地下のアトリエに置かれたチューリップは3日で枯れ、
今日も空はまぶしいくらい晴れた。

width

log [ コラム ] — s_o @ 01. 5月, 2005

0393strasse.jpg
空が白い。
Today , sky got blank.

:::

 『夢みた空はどこにでもあり
  見うしなうこともできず ながめた。』
   “木星” school bass

:::

半年に一回、ハム子は死んだ。
何度やってきても見分けがつかなかったハムスターの彼女は、死ぬ前にいつも大きく息を吸う。
ハム子の好物はいつもひまわりだった。
個体ということについて、ふとバカバカしい。
ハム子の死 に妹はいつでも泣いたけど、
3回目から泣けなくなった自分は、公園に埋められガキンチょにペタペタ踏まれる彼女を
地球の裏で思い出して、もう一回 息を吸う。

:::

「知ってること」の矮小さに比べて随分圧倒的な「知らないこと」には3種類。
知りたいのに知ることできないことと、知りたくないから目をそむけてること、知らないことすら知らないこと。
白アスパラガスは主に外国人労働者の手によって平原の彼方まで覆われる黒いビニールによって白アスパラガスになる。

:::

アトリエに、ラージスピーカー【Geithain 901K】導入。カズ氏が購入。
旧東ドイツ、ライプツィヒ近くにあるGeithainにスピーカーを試聴に行く。
geithain01.jpg ME本社内スタジオ (と試聴するカズ氏)
geithain02.jpg同じくスタジオ
geithain03.jpgスピーカー調整+アナライズ機材の前で説明するOLAF氏
geithain04.jpgカズ氏->わし>OLAF氏(無響室にて)
geithain05.jpg わし->ME社社長Joachim Kiesler氏->カズ氏
::: u can touch big pics by click.
::: 写真はclickで大きなります
直接来たのは日本人では2組目らしくて(前はNHK)、ホテルとディナーに招待された。
工場でスピーカー製作の全行程、チェック過程、気が遠くなるような作業の細部まで説明してもらう。
3つあるスタジオ全部で試聴。
“英語の話せる日本人”が突然重宝されて、なぜか日本のディーラーとの電話で通訳を頼まれる。
時給いらんから、安くして。もっと。
ドイツ連邦共和国に1960年創業したME社(musikelectoronic geithain gmbh)によるスピーカー。
WDR(ドイツ公共放送局)やMTVのスタジオに入ってて、欧州の放送業界においては定番。
PMG、B&W、ゲネレックとかアルテックみたいに美味しいとこでてキモチいいスピーカーではないけど、
レンジが異常に広くてめちゃくちゃフラット。クリアで位相特性がすごく、小音量でもバランス感が全然変わらない。
脳みその後ろウナジの上あたりで立像する音がして、前後の定位までわかる。完璧なバランス。
最近はこれで、アトリエで映画観ています。(はたらけ。)

:::

アトリエに黄色いチューリップ。
ドイツで活動するアーティストMさんの贈り物。
ときどきMさんの立ち居ぶるまいに触れると、彼みたいに柔らかく高貴な感じで生きたいと憧れる。

:::

音は語らない。
語らないから、音。

:::

音を奏でたいゆうんは、一体どういう衝動や。
分析って、理解と同じくらい意味と価値が曖昧。

:::

ある日、ベートーベンの第九を練習してる(テナーパート)夢を見る。
目が覚めて、マーラーの八番を聴くとおかしな気持ちになる。
煙草がなくなったので舌打ちすると、元に戻る。

:::

散歩していると、動きのおかしな老いた犬が、
目の前で屁をこいた。
犬の屁を初めて聴いた。びっくりした。
DATとかに録音しとけばよかった。

::::

こんなところにはなんにもない。
ロシアが5月1日から10日まで休みなのはなぜだ。
ロシアゴールデンウィーク?なに?
とか考えてしまうくらい、なんにもない。

:::

コミュニケーションの大前提は、
全てから耳を閉ざした孤独だ。
耳を閉ざすいうのは、けっして耳を閉じることじゃない。

:::

空が白い。
Today , sky got blank.

(c) 2019 sub-tle.