カトルフィッシュと世界の終わり

log [ コラム ] — s_o @ 19. 5月, 2007

zeeland_07.jpg
 
11th – 13th May 2007
オランダ・ゼーラント スタジオにて

月末のレコーディング準備の合間、
オノウチ君が唐突に世界の終わりの話を始める。


『テレビで見たんだけど、サトシ君、世界の終わりて何が生き残るか知ってる?』

「知ってる人なんて世界の終わりまでおらんでしょう。」

『いやまあそうなんだけどさ。”イカ”らしいよ。最終的に。』

「、、イカ? あのイカリングの?」

『うん、そうそう。 ドシーン、ドシーン、てね。』

「ドシーンドシーンて。 何の音よ。」

『足だよ、足。イカの10本足。』

「えー、、説明も無しに巨大化されても、、、 」

『マンモスみたいになるんだってよ。』

「マンモスみたいに。」

『ちっちゃいのもいるんだけどね。』

「あ、普通のもいるんだ。」

『やられちゃうけどね。でっかいのに。戦うけどやられちゃう。』

「戦うってどうやって? イカスミ?」

『いや、石。』

「石?」

『10本足で石を絡めて、空から石を落とすんだよ。』

「また説明もなしに飛んだ! イカだけでなく話そのものが!」

『フワーーっとね。』

「フワーーっとじゃないよ。イッタンモメンかよ。」

『まあちょっと前まで蜘蛛(クモ)が頑張ってたんだけどね。』

「世界の終わりのちょっと前、、、全体的にフワフワしてるな。物事の流れが。」

『でもクモが滅ぶまでイカは海で隠れてるんだよね。虎視眈々とその座を狙ってる。』

「いや、マンモスサイズで空飛べればもう勝てると思うよ。しかも、既に”隠れる”という考え方に失礼なくらいの存在感だよそのイカ。」

『んー。おそるべしだよね。イカ。』

 

地平線は遠く、突然強い風が吹いた。
ベンチを運び、リンゴの樹の下へ。

葉々を騒がす風ん中、
世界の終わりに空を飛ぶ巨大なイカのことを考える。

むやみにカサバるイカの姿とは裏腹に、
なぜだかそこはとても静かだった。

live _ PTP 070505 pics+

info [ 告知 ] — s_o @ 11. 5月, 2007

070505_PTP001.jpg
live performance on paristokyopempelfort™ on 5th May 2007.
some document will be uploaded soon.
you can check photos on ptp™ flickr pool.
5月5日、paristokyopempelfort™でのライブの模様をアップ予定です。
当日の様子はこちらでチェックできます。
会場が隣だったので僕の自宅外観も写ってます。
きゃ。

*excuse me,
now i’m recording in holland.
will contact you later (next week_).
thank you for your understanding.

*私用仕様を試用利用し止揚、
現在オランダでレコーディング中です。
関係者の皆様にはご迷惑おかけしますが、連絡は来週以降になります。

live @ paristokyopempelfort

info [ 告知 ] — s_o @ 02. 5月, 2007

ptp_invite.jpg
ptp.gif

5月5日、ライブします。
今回は sub-tle. としてではなくソロでmilch-laborのmiuとのコラボレート。
出演は 21:00前後です。
w/ Antonelli Electr. (Italic) 他
:::
i will play with miu /milch-labor.
5th May 2007 (approx. 21:00) @ paristokyopempelfort™
w/ Antonelli Electr. (Italic) etc.
:::
paristokyopempelfort™
live performance in grand opening
samstag 05. mai 2007, 14 uhr, fischerstrasse 3, düsseldorf
klamotten & stuff: 31nord, combination records, we know rap, zeek & destroy
gucken & staunen: gefühlte 100 jahre testdruck zum anfassen
bass & höhen: alle djs der welt an den plattenspielern
sieb & rakel: der print boss schwingt die rakel
drinks & mehr drinks: für die basics ist gesorgt
drinnen & draussen: rumhängen mit freunden
anfang & ende: mittags kommen, nachts gehen
:::

(c) 2019 sub-tle.