3月5日 京都メトロ Red Bull Music Academy presents 『night cruising』出演

info [ 告知 ] — s_o @ 07. 2月, 2014

sub-tle._bnd

sub-tle. will perform in Red Bull Music Academy presents “night cruising”
@ Kyoto METRO / Japan on 05 March 2014.

日本、まずは3月5日、京都メトロでのライブ。
東京でのパフォーマンス日程や詳細も、順次公開します!
>>>詳細

open/start 20:30

前売¥2,300 ドリンク代別途 当日¥2,800 ドリンク代別途
前売はチケットぴあ (0570-02-9999、Pコード:223-533) 、
ローソンチケット (ローソンLoppi、Lコード:51956)
e+ (http://eplus.jp/)
にて2/1より発売
※前売発売場所:ぴあカウンター、セブンイレブン、サークルKサンクス、ローソン

with : Mark Fell aka SND(from UK)/ NHK yx Koyxen / Marihiko Hara
Selector:AOKI takamasa / Tatsuya Shimada(night cruising)

sub-tle. live visual by Kiyasu [TechnikLAB*]

@京都 METRO
WEB:http://www.metro.ne.jp
〒606-8396
京都市左京区川端丸太町下ル京阪神宮丸太町駅2番出口 恵美須ビルBF
Tel:075-752-4765
京阪電車でお越しの方は、神宮丸太町駅2番出口階段を上がりきるまでにあります。
地上からお越しの方は、川端丸太町交差点東南の京阪電車入口からお入り下さい。

マット・スティールとの電子音響デュオ「SND」やソロとしても活躍し、アルヴァ・ノト、池田亮司、テイラー・デュプリーなどと並ぶサウンド・アートの先駆者「Mark Fell」 をフィーチャーしてお送りする今回の『Red Bull Music Academy × night cruising』。20時半からの第2部は、京都発の電子音楽パーティー/レーベルとしてクラブ、お寺、ギャラリーなどを日本各地で唯一無二な空間を作り出している[night cruising]とのコラボレートで、最先端なエクスペリメンタル・サウンドを生み出す世界レベルの音楽家の競演が実現します!今回ソロ名義でのライブとなるMark Fellの美しくマイクロスコピックなミニマルサウンド、空間性、歪なリズム、理性と本能を同時に揺さぶる音世界は要体感です!
そして[raster-noton]からのリリースや、Pan SonicのMika Vainio、AutechreのSean Boothなど始め数々のコラボでも知られる異才、ベルリンを拠点にワールドワイドな活動を続け、2012年にはSNDとの日本ツアーを成功させた「NHK yx Koyxen」も登場!更に、ドイツ発のクラウト・ロックの代名詞であるクラフトワーク、ノイ(NEU!)、ラ・デュッセルドルフで知られるクラウス・ディンガーの右腕の一人として活動し、日本ではPolarisの大谷友介や持田香織の作品も手掛ける等多彩な活動で知られるベルリン在住のサウンドアーティスト、オカモトサトシによるプロジェクト「sub- tle.」の凱旋LIVEも決定!昨年、ベルリンのレーベルonpa))))) より、Mouse on Marsのアンディ・トマのプロデュースで、アンディ・トマや二階堂和美、kyoka(raster-noton)等が楽曲に参加した新作を『leam』を引提げ、今回はヴァイオリニストとドラマーとの3人編成でのLIVEを予定。更にはHASYMOやSKETCH SHOWらのリミックスから、サカナクションの作品も手掛け、レディオヘッドのトム・ヨークもお気に入りに挙げるなど今や日本を代表する電子音楽家で[raster-noton]のレーベルメイトでもある「AOKI takamasa」、今年元日放送のNHK-FM「坂本龍一ニューイヤー・スペシャル」での坂本氏との即興セッションや、ダムタイプ高谷史郎作品『CHROMA』に参加、Sonar Sound Tokyo 2013に出演するなど進境著しい 「Marihiko Hara」、[night cruising]主宰のTatsuya Shimadも参戦。「エレクトロニックミュージック特区・京都」の地で実現する刺激的な音空間の邂逅、ぜひ生で体感して下さい!

« | »
(c) 2019 sub-tle.